オリジナルBL小説、日記、同人誌のお知らせなど……
三木鉄道跡を歩いた記録もこれで最終回です。
お付き合いいただける方だけ「続きを読む」、またはタイトルからどうぞ。

青空と信号機
このタイプの鉄道信号機を同人誌用のミニアイコンにしてもらいました
かつては出発信号機だったのでしょうか? 秋の透る青空を真っ直ぐに見上げています。


役割を終え、天を仰ぐボルトと枕木。
あちこちに無造作に捨てられていました。
ボルト

枕木


野生のツルバラがトラップのように絡まり合いながら地をはっていました。
赤い実が夕日に透けてきれいです。
つるバラ


夕日に向かって歩きます。もうすぐ終端駅があった厄神(やくじん)に到着します。
ガンバレ!
厄神駅へGO!

右側がJR加古川線の厄神駅。
左側の細長い空き地が、かつての三木線軌道跡です。
厄神駅

営業キロ6.6kmをほぼ半日かけてゆっくり歩いた私たちの小旅行も
ここで終点です。




……。
何事にもオチを求めるのが関西人の基本だそうですね。
私も見習いたいですよ。
ここまでお付き合いくださった方のために
ぜひオチをひとつ…。
必要ない方はここにてお別れです。ありがとうございました!








神戸電鉄 三木駅の隣にあるトイレです。
三木市のトイレ

こーれーはーwwwww
ただならぬ愛を感じます。
どこまでも本物を追求する立方体タイル絵に
思わず撮り鉄気分で角度を狙ってみました。

内部は3つの部屋に分かれていて、
まるでグリーン個室(グリーン車の個室タイプ)のようです。
なかなか落ちつく部屋でした。


で、こっちが本物の神鉄5000系
神鉄

せっかくここまで美しく展開してきたのに
今回は特に美しく終われませんでした。
すみません

<5に戻る>
     <1から読む>


追記を閉じる▲


役割を終え、天を仰ぐボルトと枕木。
あちこちに無造作に捨てられていました。
ボルト

枕木


野生のツルバラがトラップのように絡まり合いながら地をはっていました。
赤い実が夕日に透けてきれいです。
つるバラ


夕日に向かって歩きます。もうすぐ終端駅があった厄神(やくじん)に到着します。
ガンバレ!
厄神駅へGO!

右側がJR加古川線の厄神駅。
左側の細長い空き地が、かつての三木線軌道跡です。
厄神駅

営業キロ6.6kmをほぼ半日かけてゆっくり歩いた私たちの小旅行も
ここで終点です。




……。
何事にもオチを求めるのが関西人の基本だそうですね。
私も見習いたいですよ。
ここまでお付き合いくださった方のために
ぜひオチをひとつ…。
必要ない方はここにてお別れです。ありがとうございました!








神戸電鉄 三木駅の隣にあるトイレです。
三木市のトイレ

こーれーはーwwwww
ただならぬ愛を感じます。
どこまでも本物を追求する立方体タイル絵に
思わず撮り鉄気分で角度を狙ってみました。

内部は3つの部屋に分かれていて、
まるでグリーン個室(グリーン車の個室タイプ)のようです。
なかなか落ちつく部屋でした。


で、こっちが本物の神鉄5000系
神鉄

せっかくここまで美しく展開してきたのに
今回は特に美しく終われませんでした。
すみません

<5に戻る>
     <1から読む>
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

【2012/11/27 15:23】 |  日記(鉄道)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック