天上の調べは愛を紡ぐ 42
R18です。
大人の方だけ下記、またはタイトルからどうぞ。
  web拍手 by FC2
子供はお帰んなさい
























































(後ろからじゃ、ないの……?)

緊張でにわかに硬直した両膝を、大きな手がゆっくりと割っていく。

前から抱かれたら、愛蜜をこぼして揺れる性器も
彼をくわえ込んで戦慄く結合部も、全部見られてしまう。

「ぃ、や……」

身を捩らせた和波は、手で自身を覆い隠そうと抵抗したが、
細い手首はあっという間に捉えられ、余計に恥ずかしい格好にさせられた。

「だめだ」

彼の大きな目が少しだけ意地悪そうに細くなる。

「ぁっ……」

膝裏を強く押し上げ、自分の体を割り込ませてきた榛原と
恥ずかしさで視線が合わせられない。
せめて明かりを消してもらえばよかった。

同性との恋愛経験があるといっても、この年で過去にたった一人だけだ。

いつも受け身で翻弄されるように抱かれてきた和波は、
とまどいを隠せない。

「手をこっちに回して」

腰へと導かれた手をおずおずと添えるだけの和波に
榛原は何かを悟ったように苦笑し、そして真顔になった。

「いいかい、和波。教えてあげよう。愛し合うとは、こういうことだ!」鬼!

「あっ! ぅあアァ――ッ!!」

たくましい体が覆い被さってくると同時に、
躰の芯を赤い閃光が一直線に駆け抜ける。

灼熱の楔に貫かれ、内粘膜の襞を急激に押し広げられる衝撃に、
和波は涙を散らしながら喉を反らせる。

 <←41>
     <43→>
目次にもどる

テーマ:自作BL連載小説 - ジャンル:小説・文学

【 2012/11/10 01:49 】

|  天上の調べは愛を紡ぐ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<見習い運転の恐怖 | ホーム | どうでもいいカレンダーのその後話>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kayamiz.blog.fc2.com/tb.php/79-7c8acf4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |