オリジナルBL小説、日記、同人誌のお知らせなど……
郷里の友人が、長期出張でO阪にマンスリーマンションを借りて
暫く暮らすことになりました。
それがなんと、なぜかうちの隣の町会

これは「遊べ!」ということですね!!
いいえ。違います。
(長期出張せねばならないくらい仕事が忙しいんです)

とはいえ、3回ほど関西の街をご案内する機会に恵まれました。
その総集編ということで、写真などをいくつかご紹介します。
いつか皆さまの観光情報のお役に立てるかも?



風花が舞う寒い中、さっそく勇んで京阪沿線をご案内。
ケーブル線で石清水8幡宮へ!
ケーブル乗り場

節分の頃に出かけたので、まだ初詣客用に設置した
臨時きっぷ売り場が残っていました。

なんと屋台の切符売り場です! 営業前の屋台のラーメン屋によく似ています。
しかも3機もありました。
旧特急車両のカラーと同じなのがまたニクイですね。

この中から駅員さんが
「らっしゃい!」
「へい、お待ち!」
と声を掛けてくれたら、きっと素敵だと思います。

男山ケーブル2
♂山ケーブル

テレビカー
ちなみにこれが旧特急車両。
ぜったいに黄色と赤、この色の組み合わせじゃないとアカンようです。



石清水八幡宮
石清水8幡宮にお参りです。
お正月から節分までは、本殿の前に大きな御神矢が立てられています。
ちょっと珍しい光景でしょ?



入口

日本一長い商店街の「天神橋筋商店街」にお散歩。
御迎人形のレプリカを舐めるように撮影

日本三大祭りの一つ、天神祭に由来する御迎人形。
戦前までは祭の船の上で、天神祭を見守り、大いに盛りたてていたそうです。
関西の重要な文化でもある文楽の人形細工師たちが、当時、丹精込めて作っていたそうで、
今の状況を思うと切なくなります。

ついには祭の船にも乗ることのなくなった御迎人形は
今はただ大通りの入り口の上から、この街の行く末を黙って見守るだけです。


大阪天満宮

足を延ばしてO阪天満宮にお参りです。
天神様なので梅の花が見事でした。
紅梅


せっかくなので鉄ってみようということで阪Q梅田駅のホームへ。

阪急梅田駅

タイミングが良いと、9号線までホームが全部マルーン色の列車で埋まり、圧巻です
この日はちょうど引退する車両がある日で、ちょっとした鉄の人だかりができてました。

帰り道、会いたい時にはなかなか会えない京阪5000系
(扉が5つあるので、車内が大変珍しい作りをしています)が来たので
友人に見せてあげたいあまり、つい声に出してしまいました。

「おっ! よっしゃ、5000系やんけ!」

友人が笑っているので訳を尋ねると…。

「本物(の鉄)だなあって思って」

「いいえ。偽物です!」

本当に私はニセ鉄です。誰かそうだと言ってください!

5000系3
用のある時には、なぜかなかなか会えない5000系。
また会えたらいいね

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

【2015/02/22 17:00】 |  日記(鉄道)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック