5000系の車内
ここしばらく、お素敵な文章だけに浸っていたら
どうしても鉄道について触れたくなって参りました。

バカバカしいので読める方だけ読み流してください……。




私はK阪電鉄をとっても愛しています。
先日、始発駅で5000系の車内写真を撮りました。
(熱い鉄道ファンには今更な写真ですが……)

5000系には1両に5つも扉があります。
ラッシュ時にドバッと降りてドバッと乗るためです。
5扉だから5000系? ……深く考えてはいけないようです。

「3つより4つ。4つよりも5つやろ」です。
いらちなO阪人にはうってつけの車体です。

しかし5つ扉がある分、座席が少なくなってしまいます。
「座られへんやんけ!」
という、いらちなO阪人のために、なんと閑散時には座席が降りてきます。

「どこから……?」
「天からです」 合掌。

詳しい説明は面倒く……じゃなくて
熱い鉄の皆さんがよくご存じなので、ここでは割愛させていただきますね。


ラッシュ時運用以外は、扉の前に補助椅子が降りています。
*この状態で背後の扉が開くことはありません。
 トロッコ電車みたいにはなりませんから安心して座ってください。


5000系1



補助椅子が昇降するための溝があります。
跳ね上げつり手なので背の高い人の乗降も大丈夫。

5000系2


遠方よりO阪にお越しの皆さま。
ぜひK阪電鉄をご利用ください!
  web拍手 by FC2

テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

【 2012/07/31 16:46 】

|  日記(鉄道) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<天上の調べは愛を紡ぐ 3 | ホーム | 天上の調べは愛を紡ぐ 2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kayamiz.blog.fc2.com/tb.php/19-bbe669ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |