オリジナルBL小説、日記、同人誌のお知らせなど……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

いやあ、暑いですね。
今日も実にどうでもいい内容なので、
どうか読み飛ばしてください。


普段はK阪沿線でしか活動しない私ですが、
ここ2週間ばかりは仕事で阪Q宝塚線に乗る機会に
何度か恵まれました。

乗り慣れない路線にちょっと馴染んで気が大きくなったので、
阪急東宝グループの創始者、小林一三氏の収蔵品を展示した
逸翁美術館に行って参りました。

K阪にはないお素敵な佇まいに思わずギギギ・・・
意味はないけど、なんだか敵地の中央に飛び込む思いでしたよw

出向いた目的は美術館内に併設されるホールでの
室内楽コンサートを聴くためです。
敵地調査じゃありません。

お題目はメンデルスゾーンとベートーベンのピアノトリオでしたが、
バイオリンとチェロ、ピアノ奏者の3人が
何を訴え、どこに向かいたいのかが
しっかりと伝わってくる素晴らしい演奏でした。

約200年の時を経てもなお
奏者と聴く人の心をどこかに向かわせようと奮い立たせる、
そんなメンデルスゾーンの才気に
改めて感動した夜でした。



……。
で、実はここが今日の本題。

暑さに負けてちょっと乗らない間に
阪Qに新しい戸閉合図表示灯が導入されてましたよ!

戸閉合図表示灯

デカイ! 見やすい!
フードに表示灯が映り込むくらい、ピカピカの新品らしいところが
愛おしいです。

ちなみに、トは扉のト。
○は車掌に「戸を閉めてもいいよ」という合図。
となりの×(灯ってません)は、駆け込みや戸挟み状態で
「危ないから閉めちゃダメ。開けて!」という合図。

その横のランプはレピーター(出発合図表示灯)
出発信号が青になっていることを車掌に知らせるものです。

(厳密的には違うかもですが、
まあ略意ということでどうかひとつ

これをホームで操作してる駅員さんを確認できなかったので、
もしかしたら中央モニター監視でのコントロールなのかな?

そういえば関西では珍しい「背中押し」のアルバイトさんも
ここ最近見かけないな…。
またチェックしてみます!

これを撮るために電車を1本やり過ごしたら
バスに乗り遅れた


せっかくなんで、これがK阪の戸閉合図表示灯
戸閉2


O阪市営地下鉄の戸閉合図表示灯
戸閉3 戸閉4

各社さまざまな工夫があって面白いですね。


イベントが近づいて参りました。
O阪は酸素のある火星のように暑いです。
皆さん体調には十分気をつけてお出かけください。

私はいつも通りまったり座っていると思います。
会場巡りついでにお立ち寄りいただき、
鉄の話やたわけらしい話などお聞かせくださったら
嬉しいですよ。

イベント前夜はいつも寝不足になってしまうので
今回は万全の体調で臨みたいと思います!

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

【2013/08/16 16:53】 |  日記(鉄道)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。