オリジナルBL小説、日記、同人誌のお知らせなど……
私はK阪電鉄をこよなく愛しています。

2年ほど前、私の暮らす地域の私鉄が
軒並み100周年を迎えた時期がありました。
熱いイベントから温いイベントまで、盛りだくさんで微笑ましい時期でした。


そんなある日、私は仕事仲間から、
バイキングでテレビにも時々紹介されるレストラン
「オリンPア」に行こうと誘われました。
オリンPアは由緒ある某私鉄系列ホテルのレストラン様です。

ホイホイと付いていった私はそこで衝撃を受けました
アナウンスと共にデザートのケーキが、なんと阪Q電車に乗っていらしたのです。

hankyu dessert

母なる車体の手前にいらっしゃるのが、そのお子様方です。

阪急ケーキ

ぬううう~~~。生意気にも一個ずつにヘッドマークが付いています。

愛するK阪にはない、お素敵な光景を目の当たりにし、
はらいせとして私はバイキングをガッツリ食べて帰りました。

帰宅後も敗北感が収まらなかった私は、あることに気付いたのです。
「なければ作ればいい!」と……。

どうやら人は、愛のためにならバカになれるようです。
そして紆余曲折の末にできたケーキがこれです。
(メイキングについては、あまりにバカバカしいので割愛させていただきます)

京阪ケーキ

タイトルは 「次の100年に向けてGO!」 です
隣に添えられた花々もそれを祝しています。

仲間内から口々に「中身を見たい」と言われたので、さっさと内部もお見せします。

解体図

当たり前ですが座席もスタンションポールもありません。
小道具のナイフとフォークがないと、
脱線転ぷく事故現場のようになってしまうので撮影に気を遣いました。

これで某社に勝てたのかどうかは別として、
その後スタッフが美味しくいただいたことは言うまでもありません。

製作中は車両部のおっちゃんの気持ちに、
食べる時は葬式鉄の気持ちになりました。

あれから2年の月日が流れ、誰も『祝100年』という言葉を
口にしなくなりました。

しかし、本当はここからが大切なのだと私は思います。

各社とも、次の100年も事故なく
そして人々の夢を乗せて走り続けてくれることを、心から願っています。

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

【2012/05/11 20:03】 |  日記(たわけらしきもの)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック