オリジナルBL小説、日記、同人誌のお知らせなど……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

天然運転士の河合と、お気遣い車掌の志水。
二人は某鉄道会社に勤める同期生、かつ秘密の恋人同士。
説明はこれだけでもう十分な二人ですが、
前のお話がちょっと気になる方はコチラへ!


    

「志水。俺は知りたい。……真実を」

冷えたご飯の白い固まりが、箸先からぽとりと落ちた。
苦悩する横顔の向こうを、美しい田園風景が流れ去っていく。

「河合、いいから早く食え。着いたらすぐわかる」

その駅弁、ラスト1個だったからお前に譲ったんだからな。
俺も食いたかったんだからな、新幹線開通50周年記念弁当!

二人の休みが珍しく揃ったから、
新幹線で遠出して鉄道のテーマパークに繰り出す事にしたんだけど、
前の日に先輩が教えてくれた噂話が、
デート気分で盛り上がっていた河合の人格を変えた。

『なあ、知ってるか? あそこの運転シミュレーター、
かなり手強い裏メニューがあるって』

「ひゅうへん、あふぁうはな?(抽選、当たるかな?)」

「エビフライ食いながら憂いに満ちた顔で話すのやめろよ、河合……」

男前な分だけ残念感がハンパない。

「すいません。コーヒー二つ」

「ありがとうございます♪」

――って、車内販売の姉ちゃん呼び止める時だけ爽やかな笑顔かよ!

国内外の最新ニュースが流れていく電光掲示板を睨みながら、
俺は湯気の立つ熱いコーヒーを啜った。

「心配すんな。俺が必ず当ててやるから」

仕方ない。今日は俺のとっときの技を河合に見せてやる。




「すごいな、志水。本当に当たった!」

どこの鉄道館でも運転シミュレーターは人気アトラクションだから、
抽選制か整理券制だ。
平日とはいえ、遠足のガキと親子連れ、妙なオーラを放つ鉄オタ組で
かなり高い抽選確率だったが、俺の特技がパワーを放った。

「任せろ。俺はこういうのには運があるんだ」

肝心な時は不運なことが多いけどさ。

「男は黙って量産機だ」

旧式の運転台の前に座った河合は、
目にも留まらぬ早さで、パネル上の選択肢を選んでいく。
河合。やっぱりお前、ニュー○イプじゃね?

「上級、見習い、中級、上級、見習い、見習い…」

先輩から聞いた噂によると、ある順序で連続コマンドを入れると、
システム開発者がテスト用に作った裏メニューが現れるらしいんだが――。

「なあ、やっぱガセなんじゃ……」

「シッ。黙って、志水」

真っ黒になった画面に、ネオンブルーのコンピュータ文字が浮かび上がった。
喉がゴクリと鳴る。
横一文字の蒼い閃光が走った後、画面に再び運転台と軌道が現れた。

「開いた……」

薄い唇が挑戦的な笑みを浮かべて歪む。

靴先でユニットを小さく蹴ると、足下のパネルがくるりと回転して警笛ペダルが出現した。

「種別 【新・新快速】!」

見習い生みたいな大声で指差喚呼を始めた河合を、俺は思わず呼び止めた。

「何だよ? 新・新快速って」

「新快速よりも早いから、つまり在来線のノンストップ車ってことだよ」

なんかスゴく嫌な予感しかしないから俺、帰ってもいいかな。河合。

「出発よし! 発車ぁっ!!」

河合は刻みノッチで注意深く列車を加速させ始めた。

シミュレーターとはいえ、初めて扱う運転台だ。
モーター音もマスコンの遊びも、ブレーキのレスポンスも、
慣れたうちの車両とは全く違う。

その緊張感を楽しむかのように、河合の目がニッと細くなる。

「第一閉塞、進行ッ!!」

ああ、恥ずかしいから、信号毎にいちいち喚呼すんのやめてくれよ。

「ゆめが丘、通過!」

架空駅のプラットホームが飛ぶように流れ去っていく。

「おい、規定通りやれよ。志水」

「はあ!?」

俺にまで車掌やれってかのか? ここで。

「何でお前の趣味に付き合わされなきゃなんねえんだよ」

「やってよ。志水ぅ」

あー、もう! こんな時だけ捨てられた子犬みたいな悲しい目すんなよ。
やればいいんだろ? やれば!

「通過! 異常なし!」

俺は画面を指さして、大声で事故のないことを確認する。
こんなことだったら抽選当てなきゃよかった。
やっぱ俺は運が悪い。

このあまりに異常な光景に、周囲の客たちはドン引きを通り越して、
次々にギャラリーへと化していく。
俺たちの背後にはちょっとした人だかりができ始めた。

「志水。ギャラリーのために鳴き(アナウンス)入れてやれ」

厳しい眼差しでノッチを切りながら、河合は更なる仕事を要求してきた。
へえへえ。どうせ旅の恥はかき捨てだ。
ここまで来たら、もう恥ずかしいもんなんてねえよ。

画面の背景に観覧車が見えた。
俺はエアマイクを取る。

「ただ今、沿線の○○パークでは(お好きな遊園地名を入れてください)
アニメイベント『妖怪ウ●ッチ 全員大集合!』を開催中です。
詳しくは駅のパンフレットをご覧ください」

夜叉のような河合の形相に引き気味だったガキ達は、
人気アニメのタイトルに反応して、嬉しそうに笑った。

「ふっ、さすがはお気遣い車掌だな。志水」

口元が笑みを浮かべて不敵に歪む。

「任せろ。お前は前だけ見て運転してたらいい」

「遠慮なくそうさせてもらう!」

突然、窓ガラスをバタバタと叩きつけてきた雪を、河合は邪魔そうに睨んだ。

「あっ…」

ギャラリーから小さな悲鳴があがった。
吹雪で真っ白の視界の中、降りかけた遮断機を押し破り、
なぜか軽トラックが踏切内に突っ込んできたのだ。

(しっかし、どんだけ細かい設定なんだよ、これ)

河合が警笛ペダルを全開で踏み込む。
耳をつんざくような激しいホーンと一緒に、河合の怒声が飛んだ。

「命の惜しい奴は前に出てくるなッッ!!!」

だからお前はニュー○イプかよ……。

「皆さま、直前横断は大変危険です。絶対にやめましょう」

後ろを振り返った俺は、再びエアマイクを取り、
至高の微笑みで事故防止のアナウンスを入れた。

ギャラリーが拍手喝采する中、河合の運転する新・新快速は定刻通り、
終端駅の停止位置目標ぴったりに停まった。


ラヴい後半に行ってみる? イクイク→
 目次にもどる
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:自作BL連載小説 - ジャンル:小説・文学

【2014/11/09 23:51】 |  シリーズ短編
トラックバック(0) |
「国鉄時代の色って渋くていいよな。どことなくロマンがあってさ」

「ああ。懐かしいな」

閉館時間が近くなり、屋外に設置された古い展示車両には
俺と河合を残して誰もいなくなった。

どこにも行かない列車の二人掛けの座席に、仲良く並んで座ってみる。
どこかで遠くでキジバトが鳴いていた。

「今日は志水のおかげでスッゴく楽しかった」

満足そうに笑った河合は、もういつもの穏やかな河合だった。

途中、河合がエア無線で運転指令を怒鳴りつけるとか、勝手にATS切るとか、
先発の列車を待避ぎりぎりのとこで追い越すとか、
あんまり思い出したくない事ばっかだけど。

「志水も車掌シミュレーター当たったら良かったのにな」

運はお前の為に全部使い果たした。

「いらねえよ。研修所でアホほどやったから」

つか、毎日本物に乗ってるんだから充分だろ。

「このシート座り心地いいな」

「そうだな」

同感だ。
二人掛けのクロスシートって、実は男同士が接近して座ってても、
不自然に見えない魔法の椅子だって知ってたか? 河合。

触れるか触れないかの位置で、互いの体温がほんのり伝わるって、
もしかしたら本当は凄くヤラシイ事かも。

「そうだ! 車両部品のオークションで座席を――」

「却下」

「えー、どうして?」

やっぱり予定通りのアホだな。河合。

わざわざ家に電車の座席を置いてどうする。
それに家でなら男同士寄り添って座ろうが、手を繋ごうが、
そのままナニをおっ始めようが、誰も文句言わないだろ。

「家くらい…普通にくつろがせてくれよ」

この前『一緒に暮らさないか?』と誘われた返事もまだしてないのに、
もう同棲した後の事を心配してるなんて、
一人で俺、バカみたいだ。恥ずかしすぎる。

それよりあの返事、いつ、何て言って切り出せばいいんだろう。
あれから河合はその事には一度も触れようとしない。
だからこちらからは余計に言い出しにくくなってしまった。

(もう一回聞いてくれたら返事しやすいのにな……)

ステンレスの窓枠に肘を掛け、暮れかかった空をぼんやり眺める河合を、
そっと窺ってみる。

「あっ。あんなとこにいた。キジバト」

街路灯のてっぺんで鳴く鳩を指さし、嬉しそうにこっちを振り返った河合と、
至近距離でバッチリ目が合った。

「あ…」

怯んで息を呑む俺の頬を、大きくて暖かい手が包んだ。
唇に触れた河合の親指から、自分のものではない体温が伝わってくる。

「ここじゃ…嫌だ……」

「どうして? みんな帰った。少しくらいならいいだろ?」

口づけギリギリの位置で河合が甘く囁く度、唇同士が微かに触れ合う。
何も考えずにこのままキスできたら、どんなに幸せだろう。
でも、でも……。

「違う…。こういう所には必ず防犯カメラがある、から……」

「志水。あの時の――」

何か言おうとして河合が口を開きかけた時、閉館の音楽が流れ始めた。

「あ。もっ、もう帰れってさ!」

俺は慌てて席を立った。

せっかく良いムードだったのに、今ならあの日の返事ができそうだったのに!
それを自分からふいにするなんて、俺はとことん意気地なしだ。

ねぐらに帰ったのか、キジバトももういない。

(もう少しだけ一緒に座ってたかったな)

もし、あのまま口づけを交わせてたなら、
河合に本当の気持ちを伝えられた気がする。
一緒に暮らしたいって――。

杏色に滲む夕暮れの中、静かに佇む展示車両を
後ろ髪をひかれる思いで振り返る。

「またおいで」

役目を終え、もう動くことはなくなった古い列車が、
俺たちにそう優しく語りかけてくれたような気がした。



―― 一方、防犯カメラを管理する守衛室では……。

「チッ、面白いもん見れそうだったのに、これだから勘のいい客は嫌だぜ」

心地好いムードの時こそ ご用心、ご用心……。

 ←前編へ

   パーティーの始まりはシャンパンで→

目次にもどる



これが現地取材をした作品だとはとても思えません
いつになくマニアックな前編ですみませんでした。
大層なことを書いてるようで、実はぜんぜん大したことない内容です。
呆気にとられるギャラリーの皆さんと同じ気分で
お読みいただけたらと思います……。

冬のイベントはこいつらでイクことに決まりました
しかもリンク先でもお世話になっているはっちん氏と隣接です
頑張ります!

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:自作BL連載小説 - ジャンル:小説・文学

【2014/11/09 23:51】 |  シリーズ短編
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。