オリジナルBL小説、日記、同人誌のお知らせなど……
天然運転士の河合と、お気遣い車掌の志水。
二人は某鉄道会社に勤める同期生、かつ秘密の恋人同士。
説明はこれだけでもうお腹いっぱいな二人ですが、
前のお話がちょっと気になる方はコチラへ!





「おー、あれが噂のチョコレートの滝か。なんかゲリラ豪雨の後の濁流みたいで迫力だな。
特に色がさ」

今日もアホ絶好調だな。バ河合。

「ファウンテンは滝じゃない。噴水だ」

煌びやかなホテルのレストラン中央には、
この近郊で最大級の高さを誇る特大チョコレートファウンテンがそびえ立っている。

「同じようなもんだろ。ほら、滝つぼ見るとみんな後ろ向きでコイン投げ入れるじゃん」

そばにあった小ぶりの焼き菓子を摘まんだ河合の手を、俺は慌てて引きとめる。

「それは泉だ。で、その菓子を投げるなよ。河合」

こんな奴だが、信じられないことに制服を着てマスコンハンドルを握った瞬間から、
河合は泣く子も黙る鬼の運転士に変貌する。

運手席に座る河合は、そりゃあもう渋くて男前だ。
見惚れて戸閉めを忘れそうなくらいイイ男だ。
うっかりそのまま発車合図を出した事があ――
いや、これはいいや。

まあ、そんな河合の素顔を知ってるのは俺だけだと思うと
それはそれで気分いい。

「しかし、もう少しラフな店でもよかったんじゃねえのか?」

河合に「俺のおごりだから」と某私鉄系列のレストランに誘われて、
一応スーツなんか着て繰り出したんだけど、デザートビュッフェかよ。
しかも男二人でバレンタイン・フェアかよ。
甘いもんは好きだからいいけど。

「株主優待券もらったんだ。俺、ここの株持ってるから」

「え? お前、株なんて買ってるのか?」

列車の運転以外に、河合にそんな趣味があったなんて初耳だ。

「同級生に証券会社の奴がいて『得するから』って頼まれたんだ」

「大丈夫なのか? その友達」

「でも安い時に買ったから結構得したよ」

「ふうん…」

どうせ買うなら自社系列のにしろよ。
こんなお上品会社のレストランが、安月給の俺たちに似合うわけないだろ。

グラスデザートが並ぶコーナーに添えられた紫色の蘭の花たちが、
俺たちに「帰れ!」とばかりにゆらゆら高級感を醸し出している。

デザートビュッフェ、ましてや平日の昼下がりなんて、ママ友グループと女子会だらけで、
スーツ姿の男客なんて俺と河合くらいのもんだ。

「何かこう、大の男が平日の真っ昼間から二人でデザートビュッフェなんて落ち着かないな。
ガキでも連れてたら別だけど」

「ハハハ、大毅。一人で遠くに行くなよ」

おい、誰もいない場所に向かって、いきなりなに微笑んでんだよ。河合。

「誰だよ? 大毅って」

「俺と志水の子供」

「ハァ!?」

「今、志水が言ったじゃん。ガキでも連れてたら恥ずかしくないって」

「やめろ! 男同士で余計恥ずかしいわ!」

エア子供なんていらねえよ。

しかし見渡す限り小洒落たデザートばっかりで、食べるのが申し訳なくなってきた。

チョコと生クリームと果物がどこまでも色鮮やかに続く光景は、
どこか名画『モネの庭』を彷彿とさせる。

点描画のように溢れ広がる色彩と甘い香りの中で、
自分が一体どこにいるのかわからなくなりそうだ……。

「えらく甘い最中だな」

銀製のトレイに並ぶ宝石のようなマカロンを無造作に頬張った河合は、
虫歯が痛い時にも似た情けない顔をした。

「サンキュー。バ河合」

「へ?」

お陰さまで現実世界に戻って来れたよ。
食うぞ。元取るぞ!

「あいつの親、どこにいるんだ?」

河合が中央のチョコレートファウンテンを睨んだ。

5歳くらいのガキが、俺たちの目の前でチョコレートファウンテンに
たった一人で挑んでいる。
ぶきっちょな手つきでフォークにバナナを刺し、
案の定、チョコをボトボトこぼしながら、その場で頬張っている。

食いかけのバナナを浸そうと、もう一度チョコレートファウンテンに手を伸ばしたその時だった。

「二度漬けは禁止だ」

ガキの腕を掴んだ河合が、地を這うような低い声で唸った。

怖い、怖いよ、河合。
ここは運転席じゃないし。

「ぁ…」

「二度漬けは禁止だと、この地方の掟を教えてもらわなかったのか? 大毅」

「だから大毅って誰だよ!」

そんな串カツみたいな掟、俺も知らねえよ!

河合の大きな手に鷲掴まれた子供の腕は、ブレーキハンドルくらいの細さに見えた。
ブレーキハンドルより華奢だし、こいつが本気出したらポキリと折れそうだ。

身長180センチ越えの河合にマジもんで睨まれて、ガキはまともに声も出ないらしい。
たかがチョコの二度漬けで、運転中と同じ顔すんなよ。
もうそのへんで許してやれ、河合…。

後編へ→
   目次にもどる

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:BL小説 - ジャンル:小説・文学

【2014/02/15 03:04】 |  シリーズ短編
トラックバック(0) |
「そろそろ時間だな」

「そうだな」

二人同時に、揃いの構えで腕時計を見る。
いつ、どんな場所でも時間を確認してしまうのが俺たちの悲しい癖だ。

最近は腕時計をしない奴も多いらしいが、俺たちには絶対無理だ。
アナログ時計でバッチリこのポーズと行動を取らないと、
落ち着かないというのか、次の行動に進めないというのか…。

「お待たせしました。デザート号、出発進行ー!」

ミニスカートの車掌コスをした女性が定刻ぴったりに出発合図を出す。
おなじみの発車音が流れた後、精巧なミニ電車はレストランフロアを走り出した。

「親亀と子亀だな」

会社カラーのチョコレート色をした模型が、
これまたチョコケーキを乗せて数メートルの短い軌道を走ってくる。

デザート号は停目(停止位置目標)よろしく「わぁ!」と歓声をあげるギャラリーの
目の前きっかりで停車した。

「しっかし無駄によくできた模型だな。
こんなによくできてるんだから、せめてもっと走らせてやれよ」

俺ならブロッコリーで森、ところてんで川なんか作ってさ、
こいつを大ジオラマの中で思いっ切り力走させてやるのに。
これだから無駄に金と歴史がある会社ってのは……。

「志水。俺にはコイツが何を言いたいのかよくわかる」

バッテリーチャージ満タンで未だ走りたそうにしてる模型を、
河合はまるで公園に常置された蒸気機関車を見つめる爺さんのように、
悲しそうな目で見つめていた。

河合がコイツの運転したら、きっと眉間に深いしわを寄せて
「進っ行!!!」と叫びながら、バッテリーが0になるまで
全駅ノンストップでグルグル爆走させるんだろうな。

悪いけど俺、その列車の車掌だけはやんないからな。河合。

運ばれてきたチョコケーキに群がる女子供とは少し離れた位置で、
それを無造作に頬張りながら俺たちは「デザート号」を賞賛する。

もちろんやっかみが9割だ。
残念ながらうちのもっさい会社にこんなに豪勢な演出ができるはずがない。

「溶接、細かいとこまですんげー丁寧にしてあるな」

「塗装もマジ本ちゃん仕様だわ、コレ」

「お、生意気にも台車にサスペンションがついてやがる」

「もしケーキが潰れたら、親会社の安全性に不安を持たれるからじゃね?」

「ぷっ、会社の沽券に関わるってか」

「あの…」

フロアマネージャーらしい黒服がいきなり声をかけてきた。
他社の冷やかしはお断りとでも言いたいのだろうか?
そういうことなら受けて立つぞ。なあ河合――。

「河合様。ご準備が整いました」

「ああ、すみません。じゃあよろしくお願いします」

なに爽やかに挨拶してるんだよ。
おい、何で見知らぬ男にお心付けなんて渡すんだよ。

フルーツゼリーの側で氷と一緒に浮んでいた蘭の花を一輪手にすると、
河合は俺のジャケットの胸ポケットにそれをそっと挿した。

お高く咲き誇って見えた蘭も、水辺から引き揚げられ、たった一輪になるとやはり心細いのだろうか。
濃い紫色の花びらに乗った滴が、光を儚げに揺らしている。

「行こう、志水」

「って、どこに? おい、河合…」

俺の手を掴んだ河合はホール中央の濁流、じゃなくてチョコレートファウンテンに向かって
真っ直ぐ、力強く歩いていく。

白い手袋をした黒服が河合に向かって一礼し、
悪魔の槍みたいなステンレスの長いフォークをうやうやしく手渡す。

その先端には、バナナ、キウイ、イチゴ、そして星の形をした見たこともない果物が、
きれいに並んで刺さっていた。

「な、何だよコレ!?」

驚きで声が裏返る俺に黒服のマネージャーがにこやかに答える。

「スターフルーツでございます」

違う。それを聞いてるんじゃない!

「私の合図と同時に、このフォークをお二人でチョコに浸してください」

段取り説明はいい。なんで照明が暗転するんだ?
どうして俺たち二人にピンスポットが当たってるんだ?

これじゃまるで結婚披露宴のケーキカット――。

「皆さまどうぞご注目ください♪ お二人の最初の共同作業でございます」

おい、ミニスカ車掌。勝手に司会進行するな。

「かっ、河合。何だ? これ?!」

「志水。正月にお守りを交換した時、俺は心に決めた。生涯を懸けて志水への愛と無事故を誓う」

「ッ! 何…だと?」

「志水?」

「無事故はみんなの願いだ。それを俺への愛なんかと一緒くたにするな!」

世界最高峰の安全レベルを誇る日本の鉄道と、それを担う鉄道マンが、
このチョコレートより甘っちょろい事を言ってどうする。

ドカ雪の朝も台風通過の真っ最中も、定刻通り列車を走らせて、
乗車率200%だろうがガランガランだろうが、変わらぬサービスを提供する。
そういう仕事だろうが。

「断る! 俺はそういう浮ついた奴が一番嫌いだ。帰らせてもらう!」

激情に任せて振り払ったフォークが、チョコレートファウンテンを掠めて飛んでいく。
チョコの飛沫でこのお高そうな絨毯が汚れようが、上品な客がドン引こうが、
そんなこと構うもんか。

「定時運行をなめんな!!」

怒りのあまり呼吸が細かく震える。

「……」

華やいでいたギャラリーたちが水を打ったように静かになった。

たぶん今の俺は河合より怖い顔をしているのだろう。
大毅は今にも泣き出しそうな顔でこちらを凝視している。

「志水ならそう言ってくれると思ってた」

「は?」

「だから志水と組んでの乗務が一番運転しやすい。俺にとって最高のパートナーだ」

穏やかな笑顔でそう言うと、
河合は傍で呆然と立ち尽くしていたミニスカ車掌の制帽を手に取り、
俺の頭に被せた。

「こっちに来て」

「ぅ…」

河合はデザートフォークに苺を刺すと、俺の手にそれを握らせ、自分の大きな手を重ねた。
銀色のフォークを握った二人の手が、チョコレートファウンテンへと厳かに伸びていく。

特大のチョコの噴水に一本の小さなフォークをかざす光景は、
打ち上げ花火を見ながら線香花火を楽しむ、
そんなナンセンスな愛おしさにも似ていた。

流れに手を取られないように、こぼさないように、チョコが苺に綺麗にかかるように――。

「志水、こっち向いて」

瞬きもせず、息を殺してフォークの先端を見守る俺に、河合は優しい声で告げた。

「え?」

「チョコがついてる」

いつものように爽やかな微笑みを浮かべると、
河合は俺の頬に小さなキスをくれた。



――二人の仲睦まじい写真は、デザートビュッフェの広告に
『男性のお客様にも大好評♪』として掲載され、
河合と志水は「他社系列の広告モデルとはけしからん!」と
上司から苦言を呈されるのであった。


やおい 愛のおK阪劇場  (今度こそ続きません)
              とか言いながらさらに続編へ→

←前編へ
  目次にもどる




すごい雪でしたね
皆さんがお住まいの街はいかがでしたか?

バレンタイン企画だったはずの話が、肝心の14日にアップできなかったという体たらく。
すみません。しかも結構長くなってしまった…。

河合と志水のお話はエ○シーンが一つもないのに、なぜか一番エロい気がします。
え? そんなの私だけ? 失礼しました。

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:BL小説 - ジャンル:小説・文学

【2014/02/15 03:02】 |  シリーズ短編
トラックバック(0) |