オリジナルBL小説、日記、同人誌のお知らせなど……
住んでいるマンションが夏からずっと修繕工事をしていました。

足場を組む音、ドリルを打ち込む音、工事車やコンプレッサーの作業音、
突然のシンナー臭に目眩がしたり、
若い職人さん達の怒号のような掛け声にビビったりもしました。

外国人の屈強な作業員さんに
「コンニチハ!」と流暢な日本語で挨拶され、
ビックリした日もあります。

工事の為に外していたベランダの網戸を
元に戻してもいいと許可が出たのですが、
最近の網戸って難しい構造になってるんですね!!
デカイ、しかも長い、重い!

「一人でできるもん」と高をくくっていた私が、
ベランダで四苦八苦していると、
天から声が降ってきました。

「手伝いましょか?」

なんとベランダの足場を降りてきた作業のお兄さんが
網戸を入れてくださいました。
二人がかりで!

思わず天に向かって手を合わせたくなりました。


ベランダ修繕が終わると、
ほこりや溶剤などを落とす洗浄作業があるんですが、
この作業を私は和室の中から一人でずっと眺めていました。

一生懸命窓を洗って拭いてくれています。
働く姿が障子に影絵のように映っています。

この時、私は幼かった頃の風景を思い出しました。

私が色鉛筆でぬり絵を塗っている横で
母が晩御飯を作ってくれている姿を思い出しました

大人になるにつれ、人は何でも自分でできるようになります。
また、できなければいけない立場になります。

誰かが自分の為に何かをしてくれる――
そんな嬉しさやくすぐったさを手放しながら
人は大人になっていくのかなあと寂しくなりました。

あんなにうるさく感じた工事音にもすっかり慣れ、
ベランダの外を人が渡っていくのも当たり前になった頃、
修繕工事は終わりを迎えようとしています。

納期きっちり無事故で仕上げた彼らと、残念ながらもうすぐお別れです。
撤去された仮設休憩室の後には
元の石畳だけが残りました。

工事の皆さん、ありがとうございました。
お疲れさまでした!

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

【2013/11/23 12:34】 |  日記(その他)
トラックバック(0) |
11月のとある休日、リンク先でもお世話になっている
仲良しのはっちん氏と一緒に
「きNてつ鉄道まつり」に潜入して参りました。

きN鉄、しかもなぜか高安車庫に深~い愛を示す氏に
僭越ながら私もお供させていただきました。

……ここで電車の写真ばかり載せても、誰も喜ばないので
(実は私、車体の事は全然わかりません(汗)
今日は少し変わった角度から眺めてみたいと思います。


通常の3倍の数、ライトが点いています。
速さも通常の3倍だったりして。
ライト


5位堂検修車庫内部の様子です。
影りある横顔


工場内の踏切前。無事故はみんなの願いです。
一時停止


ステップ部分を下から眺めるとこんな風になってます。
揺れ対策のために金属のバネがついてるんですね。
タラップ裏


吊り上げた車体に台車を履かせるところです。
客車と台車って分離するんですね。
台車


働く電車(?)マルチプルタイタンパー(通称マルタイ)
マルタイ

仕事の形状から、近鉄のマルタイには「つくつくぼうし」という愛称までついてます。
この手描き感が何とも言えませんw しかもⅥかいな!?
こうなると1~5のデザインが気になります…
つくつくぼうし


奥にいるのは電気検測車「はかるくん」
こっちはやけに洗練されたデザインですね…
はかるくん


ちなみにK阪のマルタイにも「まるたん」というワンコのキャラが描かれていました。
まるたん


このマルタイが働く様子を実演してくれました。
台車を履かせる時もそうでしたが、
間近でここまで見せてくれるサービス精神にあふれた会社は
他になかなかないように思います。

さすがきN鉄や!

二人で車庫を堪能してお茶を飲んで
またイベントでお会いする約束をして、はっちん氏とお別れしました。

次回は「はN神電車」の突っ込みどころを巡ろう
という話にもなったのですが…

もっと普通に会えんのかな? ワシら…。

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

【2013/11/14 13:53】 |  日記(鉄道)
トラックバック(0) |
J庭 3 5 に参加して参りました。

お立ち寄り、そしてお買い求めくださった皆様に厚くお礼を申し上げます。
お友達のおつかいで足を運んでくださった方や、
既刊をお持ちのお客様などなど、お一人ずつにご挨拶できて
本当に嬉しかったです。
ありがとうございました!!

今回密かに、帰っちゃうの?ポスターを提出してたのですが、
無事にお嫁に行けたのか心配です。
美しいポスターを描いてくれた相方よ、ありがとう!

遠方よりの一人参加なので、いつにも増して挙動不審でした。
オカシイ奴ですみません…。
もっといろいろ精進します。
ぜひまたお立ち寄りください!




と、ここで美しく終わってもいいのですが、
せっかくなのでたわけらしいレポもついでに……。

今回、サンシャインシティまでの攻略ルートを激しく変更してみしたが、
これが実に大穴でした

都電荒川線 東池袋4丁目停留所

時間にもよるでしょうが、列車は一定間隔で次々走ってきます。
恐ろしいほど徹底したバリアフリーなのでカートも安心です。
何より混雑がゆるい上に、バスより揺れが少ない。
停留所から会場敷地までフラットな道で、徒歩7分程度と近いのが素晴らしい


ということで、一人旅なのをいいことに
イベント終了後、発作的に都電を乗り鉄しました。
下調べなしで飛び乗ったアウェイの私も、都電は心優しく迎えてくれました。

都電

前乗りで前払いシステムのワンマンカーです。
降りる時にはバスと同じように「降車ボタン」を押して知らせます。

路面電車というにはかなり専用軌道の区間が多い事に驚かされます。

軌道
ねっ。普通の電車みたいな光景でしょ?

でも交通量の多い道路ではちゃんと信号待ちがありますし、
クランク級のS字カーブをゆっくりと蛇行していきます。
ATSの類を見つけることができませんでしたが、
どうやって衝突を防いでいるのでしょう……。目視?

急なカーブを終えた途端、速度制限の解除標識がありましたが、
すぐ100メートル先に停留所が見えとるやんけw
短気なのか、それとも呑気なのか……?

突っ込みどころ満載でウハウハです。

出庫

荒川車庫から意気揚々と出庫する都電。
ガンバレ!

本数が多いのですれ違いもたくさん見ることができます。
写真が下手な私にも撮れました

都電3

徹底したスロープと、絶対的に段差のないノンステップ乗降口です。
年を取ったら、私も都電の沿線にぜひ住みたいです。
東京都は素晴らしい財産を持ってるなあと、羨ましくなりました。

都電4

運転台はこんな感じです。

よーく見ると車両は関西のメーカー製でした。
Aルナ車両は阪Q電鉄様の関連会社…。

ここまで来て阪Qの面影を見ることになるとは…。
意味なくギギギ…。


終点まで乗りたかったのですが、新幹線にも乗らないと帰れないので、
途中下車してK成電鉄を経由して上野まで。

上野駅で新旧のスカイライナーが仲良く並んでました。
スカイライナー



こうして写真を並べると、
何しに東京に行ったのかよくわかりませんね。
実はカメラを持って来なかったので、全部ガラケーで撮りました。
アホすぎる…。

次のJ庭ではカメラ持参で都電の車庫を目指してみます!
ヨッシャー!

……。
すみません。どうか見捨てないでくださいっ
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

【2013/11/06 01:49】 |  日記(鉄道)
トラックバック(0) |